婚活のきっかけ

突然ですが、あなたは婚活中どんな時に「結婚したい」と思いますか?

友達の結婚式に出席した時?

親から 「そろそろ孫の顔でも見せてくれたらねえ」と言われた時?

 

雑誌などのアンケートなどを見ていると、女性は出産についてや今後の生活について真剣に考えた時に特に結婚したいと強く願う傾向にあるようです。

ところが、肝心のお相手となる男性に結婚する気のない人が増えている、というのも切実な現状と言えそうです。

例えば神戸で婚活をしている知り合いの女性からは、彼氏から 「まだ結婚はいいんじゃない?」と言われてヤキモキして別れた、という話を聞きました。

これだけ便利な世の中、 一人のラクさに慣れてしまって婚活しても結婚に魅力を見出せない男性は多いのかもしれません。

自由に恋愛を楽しめる現代は、「結婚したい」女性には厳しい時代のようです。

とはいえ、そんな中でも婚活して「結婚」を選択していく男性はたしかに存在しています。

「一人のほうがいいよ」と言い続けていた人が、突然、結婚を決めることもあります。

ちなみに、そういう人に「要因は何だったの?」と聞くと、「仕事に行き詰まった時」 「彼女と一緒にいる空間に居心地のよさを感じた時」などに、結婚を決意したそうです。

こうした状況を乗り越えて、いい相手と巡り合って結婚することができた……それはとてもうれしいことですが、これで「メデタシ、メデタシ」で終わらないのが、結婚の難しいところ。

幸せな結婚をするために、実際に生活が始まると、幸せを感じながら毎日を過ごす人もいれば、不幸を感じながら 毎日を過ごす人もいます。

離婚や家庭内別居の話などを聞いてしまうと、「はたして自分 は結婚してやっていけるのたろうか?」と不安になってしまいますよね。

「結婚って大変なことばかり」と嘆いている奥さんと「結婚ってやっぱりいいよね」と笑っている奥さんには、いったいどんなちがいがあるのか考えてみるのもいいかもしれません。

「婚活どうする?」サイトトップへ