教育とADHD

最近では、中学などの義務教育でも、このような問題を扱うケースが増えてきているようですが、あまり十分に理解が進んでいるとは、到底言えない現状があるということをよく理解しておく必要があると言えるかもしれません。特に、義務教育などの幼少期においては、自分自身が発達障害であるという風に悩む人も多いため、より詳しく教育で発達障害についてより理解を深めるための教えを行うなどの配慮が必要かつ重要なのではないでしょうか。自分自身が発達障害としての意識のある子供の親なども、自分自身の子供が発達障害であったと分かった場合には、どのようにケアをする必要があるのかということを教えたい人は多いでしょうし、子供と大人が一体となって、このような障害を学ぶ機会を作るということが、何よりも重要だということは確実に言えるのではないでしょうか。

→僕が発達障害の友人のためにはじめたこと。サイトトップへ戻る