発達障害をもった子供たちと周囲のサポート

発達障害を持つ子供たちは、発達しないわけではなく、生まれつきに脳の機能の障害を持っていることによって、感覚的なズレや、感情の乱れ、起伏などに独特な特徴があるなどと言われています。そのような感覚のズレや、特徴が、社会的にコミュニケーションのズレに繋がってしまったり、教育現場などの集団行動において社会的な行動を行うことができないといったような捉え方をされているようです。実際には、彼らが周囲に対する認知と、彼らの内面的な感情や考えの情報処理がうまくいっていないだけですので、その点に、注意深く周囲の大人たちが気づきを、行うことで、大きなトラブルには発展しないなどと考えられ始めています。 発達歳障害をもつ子どもたちをサポートする側の大人たちとしては、まずは、発達障害への正しい認識に加え、子供達一人一人の障害に対する特性の見極め、といったようなものを詳細に細かく行っていかなくてはなりません。発達障害をもつ子供たちは、正しい知識や理解をもった大人たちのサポートが必要不可欠であるのです。