発達障害「こだわりの行動

発達障害を持つ子どもたちの中には、様々な事柄に強いこだわりを持つことがあるようです。「こだわりの行動」などと呼ばれる特定の行動は、不安や、緊張感を感じる時に、強く出る傾向などもみられるようです。このような「こだわりの行動」が見られるときは、彼らの内面の部分で、何かしらの不安要素や、心配事があるのではないかというような、周囲からの気づきがあると良いサポートに繋がるでしょう。彼らが「こだわりの行動」を見せた場合、周囲でサポートを行う人々は、どうしてこのような「こだわりの行動」が始まってしまったのか、と言う環境の変化などへの観察が必要です。何かしら特定される事柄が、彼らの「こだわりの行動」を生み出している可能性があるからです。発達障害を持つ子供たちの「こだわりの行動」には、彼らなりの特別な理由があるはずなのです。ですから、無理矢理にやめさせようとしたり、強く言葉で、叱ったりすることは、彼らの自尊心を傷つけてしまうようなことになるでしょう。彼らが「こだわりの行動」を始めた時には、周囲で見守りながら、「こだわりの行動」が集団生活の中などでの「問題行動」へと発展するようであれば、声かけなどを、行って正しいことを行えるようにナビゲートをしてあげましょう。