発達障害「自立」

近年の日本社会の中で、子供達の不登校の問題などが、メディアなどでも注目されていますが、発達障害を持つ子供たちの中で、常に体調の不良を周囲に訴える子供達もいるようです。特に、学校に行きたがらない子などは、朝になると、頭痛や腹痛などを訴え、学校に行く時間になるまで起き上がってこなかったり、学校へは行きたい気持ちはあっても、生活習慣の中で、朝はどうしても起きることができないなど、社会的な生活を送る上で、大変重要な時間やルールを守る事柄や、健康を管理するといったような自己管理の面で、自立して生活を送っていく為の術を、持てない子供たちがいるようです。集団生活や、社会生活の中では、服装や髪型などのエチケットやマナーといったものが、必要となってきますが、発達障害を持つ子どもたちの中には、そのようなエチケットやマナーを理解できないといったような子供達もいるようです。エチケットやマナーを学ぶ事は、社会的な生活を送る上で、大変重要な要素の1つでもあります。