発達障害をもつ子供たちと「交通ルール」

発達障害をもつ子供達の「特性」としては、環境の変化や変更が苦手であったり、興味をもつものへのこだわりがとっても強い、また、周囲との集団生活を送ることが難しく、相手の気持ちを読み取りづらい、雰囲気や空気を読むことができない、注意力や集中力が持続しない、忘れ物がとても多い、衝動的な行動や言動が目立つ、落ち着きがないなどといったような傾向が見られるようです。また、このような行動を子供たちが起こすことで、怪我や事故が多いなどとも言われています、子供達の日常生活の中で、公道などでの横断歩道の渡り方や、道路標識や交通機関などのルールやマナーをきちんと伝えなくてはならないとされています。「発達障害」を持つ子どもたちの「特性」として一つのことに集中をすることができずに、別のことに意識や興味が入ってしまうと、周囲の人々との調和を考えずに、勝手な行動を行ってしまったり、学校の授業などで、急な予定変更などがあると、癇癪やパニックを起こしてしまうような子供達もいるようです。学校環境の中などでは、子供達はある一定の安全面が確保されていますが、通学路などの公道などでの子供達の行動も中には、命を奪ってしまうような大変危険な場面も想定されます。「発達障害」を持つ子供達にとって、交通ルールをきちんと認識することは、何よりもその命を守るために重要なことと言えるでしょう。