発達障害とオトナ

発達障害に大人になってから、気づくというケースでは、ほとんど周りの人が気づく場合には、トラブルになってることなどもあるために、社会で見守っていくという姿勢を見せていくことが何よりも重要であると言えるかもしれません。しかし、日本では、このような人々に対するケアというものは十分に発達しておらず、非常に苦しい思いをしているのは、本人であるということをよく理解しておくことが重要だと言えるでしょう。一般的に言われる、 ADHD、 とりわけ大人の ADHD の症状などとして言われるものは、衝動的なものが抑えられないということはあるかもしれません。仕事場などで言わない方が人間関係が円滑に済むかもしれないというような、不満や愚痴などというものを、抑えることができず、周りの人にぶちまけてしまう、というケースがあったりしてしまいます。

→僕が発達障害の友人のためにはじめたこと。サイトトップへ戻る