教育とADHD2

政府主導となって、文部科学省などに発達障害などについて指導してもらいながら、そのためのガイドラインなどを作成する動きは、現代では、十分に活発になっているとも言えますが、未だ子供の心まで届いていないということは、しばしば言えるかもしれません。このような発達障害を抱える子供の心の理解が十分に進めば、今のインターネットの掲示板などに見られるような発達障害や、 ADHD 、アスペルガー症候群に対するあまりにも酷い、誹謗中傷などはなくなると考えられますし、草の根レベルでの理解が、とにかく重要であるということは確実に言えるかもしれません。 小さい子供などであれば、 ADHD などの発達障害は、保護者や身の回りの人がすぐに気づくことができるため、初期的な段階においてケアをしたり、治療を行うことができるわけだということはまず間違いなく言えてしまう可能性がありますね。

→僕が発達障害の友人のためにはじめたこと。サイトトップへ戻る