幸せな結婚生活のために

結婚したいという願いを持つにも関わらず、なかなかうまくいかないという女性たちは少なくありません。

婚活

そんな方々が苦労を乗り越え 「結婚が決まりました」「入籍しました」と周囲に言えるようになった時には、たいてい幸せそうな笑顔をしています。

そんな笑顔や、笑顔が見えるようなお知らせの文面を見ると、苦労した期間を知っているからか、なんだかほっとすると同時に私まで幸せをおすそ分けしてもらったような気になります。

幸せな結婚に必要なもの

「幸せな結婚をすること」は、決して難しいことではありません。

婚活を神戸でサポートしている結婚相談所の中には、気になった方と成婚までの交際期間中にもカウンセラーさんがアシストをしてくださる場所まであるそうです。

このように結婚相談所では「幸せな結婚をするため」の相談をしっかりと行うことが出来るでしょうから、「幸せな結婚」に向けて進むのは決して難しい事ではないでしょう。

しかし、幸せな結婚をするためには相談するだけでなく独身のうちに様々な価値観の見直しを行うことが必要となります。

結婚観や男性に対する価値観を変化させることで、結婚運は大幅に上がっていきます。とは言え、多くの方はまったくその作業をしていないはずです。
もちろんしなくたって幸せになれる方も多くいます。

結婚

ですがただひたすら「結婚さえすれば幸せになれる。今の状況さえ変えれば、私は幸せになれるんだ」という思い込みのもと結婚相手を探しに探し続ける人もいます。

そんな方がようやく結婚したとしても、それが幸せとは限りません。その方にとっては結婚がゴールになってしまっているのです。

結婚はあくまで新たな生活のスタートです。

結婚後のビジョンをしっかり考えて相手を選 んでいかないと、幸せとは程遠い生活を送るこ とにもなりかねないのです。

相手に幸せにしてもらうために結婚するのではなく、相手と共に幸せを築いていくために結婚するのです。

結婚できないタイプ

結婚相談所で多くの女性を見てきたなかで、「このタイプはなかなか結婚できないな」と思う女性をあげます。

もしも、自分があてはまっていると思えば、アドバイスに耳を傾けてほしいです。そして「結婚できない女性」 から「結婚できる女性」へ変わってください。

譲れない条件が多すぎる女性

誰もが生涯を共にする相手を選ぶには慎重に妥協したくないと思うのはわかります。その結果、あれもこれも条件をつけすぎてしまっているために、結婚から遠ざかっていっていることになります。

「あなたは理想が高すぎる」 と面と向かって言われたことがある人 なら自覚があるかもしれませが、誰からも指摘されたことがない人のなかにも、実は相手への理想が高い人が結構います。

あまりにも相手に求める条件が多ければ結婚できない女性決定でしょう。 求める条件とは「そこは譲れない」と思うものです。

こういう女性は「上から目線」で自分のことは棚に上げている場合が多いです。「そういうあなたはどうなの?」 と誰かにつつこまれたときに自信を持って返せないようで は一般的に見て、立派な 「上から目線」 なのです。

例:【パートナーに求める条件】

パートナー

実家に資産がある
身長は 170センチ以上
5歳以上年上はイヤ!
年収は最低でも600万円
次男か三男
親との同居は不可
話が面白い
国立大学・六大学卒
家事・育児は分担
タバコは吸わない
お酒は飲まない

上記のような条件を無意識につけていませんか?