発達障害

最近、話題になることの一つとして、発達障害が挙げられると思います。

昔は、このような障害が認められておらず、苦しい、思いをした人も多かったわけですが、最近では一つの病気として認定されていることは十分に医学に対する理解が進んだことの証拠であると考えられるのではないでしょうか。

発達障害

その中でも特に、大人における発達障害というものは、十分に認知されているとは言えない現状があるというふうに考えられます。小さい頃であれば、保護者などがフォローしてくれることにより障害が目立たなかったという人が、自分自身でお金を稼ぐようになるなどして、社会に出て生活をするようになると問題が生じるということがよくあるようです。

一般的な傾向として言われるのは、長く一つのことに集中できないということだったり、体が落ち着かないということや、他にも対人関係をうまく維持することができない、または対人関係をそもそも形成することができないというような問題があるようです。

当然のことながら、このような問題が発達障害につながるというわけではなく、その人が暮らしている環境や仕事場の環境などによっても大きく左右されることがあるため、発達障害の疑いがある人が自分自身にあまり適していない環境を脱することで大きく改善されるということもあるようですから、詳しい診断をしなければならないということであると考えられます。

しかし、当の本人からしてみれば発達障害が認定されるまでの間、非常に苦しい気持ちで過ごさなければならないという点はあるようで、その点においては早く診断を受けることが重要だというふうに考えられます。

発達障害とは

発達障害というものは、発達がアンバランスに進んでしまった結果、生まれ持っている発達上の個性が特異に発達してしまうということが一般的に挙げられます。

残念ながら、大人の発達障害というものは、自分自身でなかなか気づくことができず、仕事や人間生活などでトラブルが起きてからやっと気づくという人も多く、むしろそのような段階においても気づかないままどんどんどんどん自分の殻にこもってしまうという人もいるようですから、注意が必要だと言えるでしょう。

障害というものは、周囲のサポートなどがあって初めて日常的な生活を送ることができるなら、病気と変わらないものであるということを分からない人が多いため、厳しい扱いを受けてしまうということがあるようです。

必要なサポートを十分に受けなければ暮らすことができないということは自分自身が分かっていて、自分自身が工夫をして生活をしたとしても、限界があるということです。

それにもかかわらず、周囲の人などは「あの人は全く仕事をすることができないし一緒に仕事をしてもうまくコミュニケーションを取ることができない」「仕事に細かいミスが多く集中して仕事を任せることができない」という不満の声などを漏らしてしまうことがあるということは、あまり理解が進んでいない状況だと言えるでしょう。

このような問題というものは、決して本人の問題ではなく、病気を改善するか、しないかという問題であり、家族の問題でもありません。

発達障害の類別

発達障害の中でも、具体的には ADHD と呼ばれるものが一般的で、注意が大きく欠如してしまったり、多動性症候群などもこのうちに含まれるようです。

子供などでは、比較的注意力が散漫であったりとか多動性の傾向が見られたりしても成長の過程で補正されるということがあるわけですが、当然のことながら発達障害の一つとして考えられているということは、このような問題が大人になっても継続してしまう場合もあるということです。

昔であればこのようなものを全く医療の見地から度外視の状態で直そうとする動きもあったわけで、当時の発達障害を抱える人からしてみれば非常に苦しい環境であったということは間違いないと言えるのではないでしょうか。

しかし、現代では発達障害に関する理解が大きく進んできたことが見られるため、ある程度は暮らしやすいのは間違いないと言えるのではないでしょうか。

しかし、社会に出てみると発達障害などを抱える人が十分に暮らしやすい環境が整っているかといえば、決してそうではありません。

職場の環境から言えば、発達障害を改善するという方向につなげるのではなく、発達障害であるがままをどのようにして受け入れて仕事につなげているのか、ということが重要になってきていると言えるでしょう。

近年では、このような障害者に関する理解が大幅に進んでいるとは言われているのにも決して一枚岩ではなく、十分に理解が進まないためにすれ違いが生じてしまったりトラブルが生じてしまったりするケースもよくあります。このような場合はおおきなトラブルへ発展しやすいのです。